設計、家具など手掛けた仕事の紹介・その他雑記
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

模様替プロジェクトの旅 その1
オオハシです

愛知県へ一部屋だけの空間づくりに行って参りました!チャンタと2人で。

また天気の良い事!アチィ〜もダメ〜


神谷建築スタジオさんの設計した国産材をふんだんに使った素敵な住宅です。
そこにはフリールームがあり、住まい手さんが住み始めてから皆が集まる場所や事務所などぼちぼち考えて行く空間です。そこにogumaがしゃしゃりでて行った次第であります!

現地組み立ての様子。


おりゃ!



本棚、衝立、テーブル、飾棚…しかし驚くのはまだ早い!



ロフトも持って行きました(笑)して、妖精さんがさっそく住み着いてくれたり。

で仕事が終わりに近づいて来た夕方頃にご主人からキンキンに冷えたジンジャエール色の炭酸飲料が!

はい、宴会です。


納品して二泊三日。
お会いしたのは三回目。
美味しい中華料理を食べにいったのは二日連続。(お子さんは半泣き)

楽しすぎる納品となりました。
書ききれないので次も書きます。

家具で空間構成はやっていますが一部屋規模のもずっとやりたかった事。
機会を頂いき本当にありがとうございました!

こちらも更新!http://www.oguma-co.jp/
大衆居酒屋
ohashiです。

改修工事が終わり関大前に大衆居酒屋その名も「串カツ ボンクラ」がいよいよオープン!先日プレオープンにお呼ばれして来ましたー!


自宅の近所にこれといった行きつけのお店が無かったので嬉しい限り。自転車で行ける距離なのです。

仕事になった経緯は、オーナが串カツ屋の近くにもともと「ホルモン ボンクラ」と言うお店をされていてそこでt-da氏と飲んでたらあんなこんなでさせて頂くことに。オーナの気さくな人柄もありふらっと1人でも寄れるお店です。
改修前は大衆食堂で学生時代にお世話になった方も多く根強いファンが…
全てを改装するのもしのびないため補強と最低限の工事に収めました。

カウンターはトチの木で。以前の日記で削り倒してた板です。


酔っ払うオーナーとoguma「もだめ〜ヒック」


塗装は全て施主工事。何度もしたことがある様でなれた手つきで作業されておりました!
個人的には白色系がいいな〜と思っていたのですが、色はお任せすることに。
ある日現場に行くと………あっ!!
そこにはカラフルな居酒屋がっ!
自分の選択肢にはなかったチョイスにご機嫌のオーナー。うんうん、学生街、店舗、満足度のバランスとしては一つの正解だなぁと思いあらためて施主さんとの共同作業は新しい発見があり面白い…と思うのでした。

串カツのお味の方ははっきり言ってめちゃ美味しいです。いままで食べた中で一番。秘伝のソースやみつきです!
是非一度は串カツボンクラへ。お勧めです!
もちろんソースの二度付けは禁止で(笑)

大衆居酒屋
ohashiです。

改装工事始まりました。
喫茶から大衆居酒屋にかわります。
本日、解体終了。9月中にオープン。

古い感じは残しつつ…


色々な人が愛着のある店でした。残せるものは残して雰囲気を壊さない様に直していけたらな。あと大衆居酒屋。大阪っぽさも忘れずに…




ちょっとした事
ohashiです。

工房に泊まるのも最近は億劫になるくらい暑いです。じゃぁ泊まらなければいいやん、と思うでしょ?いい事もありるんです。何処でも生活できる気持ちと体になります。こんなご時世には必要な事なんですよきっと 笑。
扇風機もクーラも何もない。あるのは作った家具と少々のお気に入りの雑貨。考え様によっては豊かな生活かな?と思いつつ工房キャンプを楽しんでいる今日この頃。

さて、本日の成果品は…



手摺。

もう、本当にお世話になった方(ここではアニキと呼ばせて頂きます。アニキ的存在)の家に手摺の取り付けです。

形はL型。掴みやすく好評でした。

ほら、アニキもご機嫌の様子。


いつも作っているthe家具とは違いますが生活を支えるメンバーに違いありません。景色も変わりそれでいて機能的。前後があるからかもしれませんがモノの持つ力を再認識、です。

施行中はぶら下がっているタマネギに何度も頭をぶつけながらこうかな?これかな?と作業を進めましたが無事取り付け修理。うん、よく出来た。

製作の様子。長い材料だったなー


何もない所にちょっとした事。過不足なしは気持ちが良いです。



お昼ご馳走さまでした。美味しかったです!
仕事旅行no.5
 ohashiです。

東京にいる間は兄の家に体験調査と称してお世話になっていました。自身が設計した住宅に不具合がないか、風通しは大丈夫かなどなど。ずいぶん蒸し暑くなりましたが気持ちよくすごす事が出来て一安心です。「東京の小さな〜」で未紹介でしたあれこれを少し紹介いたします!

姿見。普段は押入に収納可。場所を取らない所が良いです。


居間と台所の間仕切り家具。台所側の様子。


台所の出窓。丸タイル。


こんな物まで作ってみました。


作った物を実際使う事が出来て兄夫婦に感謝感謝です。にしても色々作ったな・・・。また泊まりに行きたいな・・・。
東京の小さな住まいno.8
ohashiです。

家具とは違ったogumaの紹介です。

玄関にもいくつか潜んでます(笑)


・・・・なんでしょう。


便物をポイっと。ポストです・・・


栗とスチールの門扉


出来ることから始めようと思いogumaをスタートさせました。
・・・が、今では何屋かさっぱりです。楽しいけど。
いつも聞かれた時は何と答えていいか悩みます。。

しっくりくる言葉探してみよっと。
東京の小さな住まいno.7
 ohashiです。

久々の更新で間が空いてしまいましたが前回の庭仕事の日に竣工写真をパシャリ、パシャリ。
・・・ついに辿り着きました。シャッターを切る度に色々思い出してしまって・・・涙でファインダーが・・・
・・・見えません。。

ウソです。いつも以上に軽快なフットワークで飛び回っておりました!

oguma探訪の始まりです。お邪魔しまーす。


サンルーム
夜は開け放すと寒いので障子で仕切れるように。ていっ!(謎)


奥に見えるのはTV台。そして・・・・


スピーカー!こいつも作りました。設計はソニハウスのMPさん。サンキュー!
材は栗。正面は生平。


通常はTV台の上に市販のスピーカーを置く形になるけれどゴチャッとするしできれば
家具の延長としてスピーカーも作りたいな・・・しかも音質も良くしたい。
ogumaは設計・家具から、ソニハウスは音からのアプローチですが目指す所は同じ。良質な空間。
そこで相談し共同制作。ハッキリ言って大成功です。形良し!音良し!施主も唸ってます。ねっ!?

こうして出来上がった分けですが本当に嬉しい限りです。色々苦労はありましたがなんというか
あったら良いなを実現できてそれが良いモノであったこと。涙もんです。ハイ。


ヤラセじゃないですよ。求めてたのはこんな感じ。


変わるもんですねー。今更ながらハラハラします。


お邪魔しました。植栽も梅雨を経て根付くでしょう。


家具づくりは一人で全て完結出来る所が良い所でもあるけど、
建築はみんなでものづくり。正直、規模が大きい分、大変だけど喜びも大きいのです。
十年後も同じ気持ちで同じような事が出来るように「東京の小さな住まい」の仕事を
自分の中でも大切にして行きたい次第です。テンキュッ!(ダサッ)
東京の小さな住まいno.6
ohashiです。

先週は庭仕事をしてきました。大阪より運ばれた植栽達、本当にお疲れ様。
現場の土は粘土質で水はけが悪いため土も入れ替えることに。さすがに土は大阪から持って行くと量も多いし車に乗らないため現地で調達。何回か東京にも来て車でウロチョロしているので
ちゃっかり地元の造園屋さんのめぼしはつけてました!

・・・ですが面識は全くありません。しかし私には時間もありません。もちろん突撃です。
恐る恐る相棒デリ助と共に敷地内に入ったわけですが、とても東京の住宅街にある敷地の広さとは思えません!また丁寧に管理されている緑を見るとおそらく造園業の老舗では、、と想像を勝手に膨らませます。

そしてアタックです。
「す、すみませーん。土をお分けして頂けないでしょうか・・・」
「う〜ん。自分たちで使う分しか置いてないけど少量ならいいですよ。」

ありがとうございます!そしてお茶を頂きながら自分が何者かを話し、造園屋さんの話も聞かせてもらいました。

やはり、大正より代々造園業を営まれているとのこと。後ろの植栽の量が圧巻です。
写真も快く受けて頂きありがとうございました。またお邪魔させて頂きます。


「あの・・・残土も処分して頂いて良いですか?」
「いいよ。」
くぅ〜、素敵な方でした。ありがとうございました!

土を入れ替え、植栽の配置、向きを確認。写真は桂。甘い香りがします。


御影石で土留めを作りバーク堆肥を混ぜ下草をなんとなく配置。


アジサイ、楓、ユキヤナギ、ヤマブキ。これからが楽しみです。


一仕事を終え、残土を持って造園屋さんに行きました。
どこの馬の骨か分からない自分に良くして下さった皆さんに何か恩返しがしたい!と思い
車の中を探したところ・・・


ありました。大阪にておやつとして買ったハードビスケットを発見。(新品。写真は自分用)
さすがに少し考えましたが気持ちがメインでビスケットはサブと言い聞かせ・・・

「つまらないものですが皆さんで食べて下さい・・・」
「ありがとう!これ私も大好きなんです。」

本当の話です。思った以上に反応が良く自分でも驚きでした。美味しいですよね。コレ。

いやー、あれもこれも自分でするのは実際大変な事が多いです。けどそうすることで素敵な出会いがあると思うと止められません。庭仕事も初めてでしたが得るものも多かったです。
つくづく生き物を相手にする仕事の難しさが分かりました。計算とかにはない雰囲気やセンスの様な曖昧なことをいかにまとめきるか。知識がないから素のまま向き合えた事もあったのでは。

植栽も終え、一段落です。ようやく念願の竣工写真。掃除、掃除!!







東京の小さな住まいno.5
 ohashiです。

昨日の東京はなんとか天気ももち無事に庭づくりも終える事ができました!
土って重いですね。ハンパなく。残土の量にはがっかりしましたよ(笑)詳細は後日!

今日は家具の紹介です。小さな家は押入れなどの建物に付随している収納はもちろん、
収納としての家具にも気を使います。日用品などの細々したものの居場所をつくらねば・・・
ということで↓引き出しの中には仕切り。その下はA4サイズは入るように。玄関から見える場所
なので大きくなり過ぎないようになどなど。

栗のローチェスト 脚がついていてなかなかキュートなヤツです。引き手は桜。


下段の引き違い戸の中は高さ調整自由な棚。


手前:白樺と桜のローテーブル。脚を取り替えて高さ調整可能。
奥  :キッチン廻りの目隠し兼両面収納。隠しきれてませんが(笑)


板壁と板戸。栓の木。
自分達で粗木から本実板つくりました。辛かったよねt-da氏・・・


縁側 檜 


その他にもありますがTV台は特別面白いものが出来ました。まだ写真撮っていないので近々upします!

この家では色々作らせて頂きましたが、家具を納品するたびに自分の手を離れていくのは少し寂しい感じです。作っているうちに自分が欲しくなってしまいます(笑)

これからもしっかり働けよー!oguma家具衆!
東京の小さな家no.4

ohashiです。

どんな事でも完成に近づく時はわくわくするものです。ヒャッホーてな感じです。

通常、工事し終えた箇所から養生をしていくため全体の完成をいち早く見る事ができるのは

掃除屋さんかもしれません。

そんなこんなで今回はいち早く見る事ができる掃除屋さんもやってしまいました!(コスト削減もしかり)

養生を恐る恐る剥がし、丁寧に掃除していましたが自分達の設計という事もありかなり神経質に。

さっき掃除したはずやけど少しホコリっぽいし・・・もう一回やっちまうか・・・と言う具合。
       
掃除を終えパシャリ。↓

玄関 壁漆喰 床タイル張替え 建具はまだ取り付けていない写真です。


玄関 あそこに家具置いて、絵を掛けて・・・


洗面 鏡の裏は収納。下にもう一棚増やそうかな・・・


台所 もともとあった出窓に木製建具を。タイルはまだ張ってない写真です。


二階 壁、天井を撤去し一室に。柱梁の塗装はt-da氏。外にはサンシュと桃の花がちらりです。



床は唐松。造作はタモ。台所・洗面は栗の木。

色々な樹種を使いますがどれも良し悪しはあります。トータル的なバランスを見て選んで行きます。それも楽しい作業の一つです。
自然のものなので同じ樹種でも一つ一つ違いはあり、完璧に癖などまでは読めませんが考えて選ぶ行為はします。たまにブツブツ話しかけます。徹夜の時に多いかな・・・(笑)

素材としては木を使う事が多いです。工業製品にない自然な機能や経年変化があります。また、昔から使われてきた材料の一つ。生活の場に馴染まないワケがありません。

まだogumaの工事は続きます。次回は家具の設置を紹介します!